INTERVIEW

近藤範子

仕事に出産に子育てに。
周りに支えられながら
自分のペースで取り組める

近藤範子
2013年入社
財経部
係長

PROFILE

経済学部卒。新卒入社後、レジデンス営業部で新築「門前仲町レジデンス七番館」のプロジェクトリーダーを担当。無事に満室稼働を迎え、管理部に異動。産休復帰後の現在は財経部でマンション管理組合の経理を担当する。後輩女子憧れの存在。

自分の体調に合わせたベストな働き方ができる

RBMが管理受託しているマンション管理組合の経理を担当しています。月次会計報告及び年次決算が主な業務です。
もともとは外回りの多い、住宅管理サービス部に在籍していましたが、妊娠を機に内勤の部署への異動を希望し、経理部に配属されました。妊娠中は、悪阻がひどく、数日休んでしまうこともあったのですが、業務の性格上、期日までの業務スケジュールが自分でコントロールしやすかったことや、上司に相談し、時短勤務ができるよう取り計らってもらえたりしたことで乗り切ることができました。その後、産休及び育休を取得しフルタイムで復帰しましたが、第2子妊娠後の現在は時短勤務をしています。

pico

復職への不安は取り越し苦労に

復職にあたっては、もともと心配性な性格なので、仕事は元のようにできるのか、子供は保育園を嫌がらないだろうか、子供の急病や看病で仕事に穴を開けたらどうしよう、職場の迷惑にならないだろうか・・・など不安だらけでした。やはり子供の急病は多く、早退したり急に何日も休ませてもらったり、ということがしばらくは毎週のように続きましたが、上司や後輩、同僚の方々が親身にサポートしてくれたおかげで徐々に落ち着いて仕事に取り組めるようになり、不安はなくなりました。子供のお迎えのため、先に退社する私に「いってらっしゃい!」と上司が声を掛けてくれたり、後輩が出産前と変わらず接してくれたり、職場の温かさに感動したことをよく覚えています。また、同じ部署には子育て中の女性社員が多いので、仕事面でも育児面でも色々なアドバイスをもらえて心強いです。また、男性・女性にかかわらず子育て中の社員には子ども手当があるのは、他社にはない嬉しい制度ですね。

近藤範子

RBMだからこそ、仕事も子育ても無理なく楽しめる

RBMには、仕事上の問題はもちろんのこと、小さな悩みも上司や先輩、同僚に相談しやすい雰囲気があり、残業が少ない、有給休暇を取得しやすい、といった環境も整っています。妊娠・育児期間の女性に限らず、どんな社員にも働きやすい会社であることが当社の特徴であり、そのような環境だからこそ、退職という道を選ぶことなくここまで来られたと感じています。 子育てしながらも働きやすい当社の制度や、わが子を安心して預けられる保育園に入れた、という環境のおかげもありますが、夫が家事育児に協力的であることが大きいです。夫も家事や育児を一通りひとりでできるため、家事・育児はあらかじめ分担せずに、その日のお互いの仕事の状況次第でできる方ができることをやる、ということにしています。そのおかげで、昨年は一泊二日の社員旅行にも参加することができました。
まもなく第2子出産を控えているので、まずは無事に出産を終え、家族全員元気に過ごせるようにしたいです。来春の復職を目標に、簿記やマンション管理に関する勉強は続けたいと考えています。

近藤範子

MY CARRIER <空>

2013レジデンス営業部
新卒で入社後、レジデンス営業部へ配属。新築賃貸「門前仲町レジデンス七番館」のプロジェクトリーダーを担当
次へ
2014住宅管理サービス部
賃貸レジデンスの管理部門へ配属。お客様の入居後のサポートを担当。
次へ
2016経理部
妊娠を機に内勤を希望。マンション管理組合の経理を担当。