INTERVIEW

藤木麻人

スケールの大きい仕事に
不動産の一生を学べる環境。
RBMっておもしろい

藤木麻人
2017年入社
ビル営業

PROFILE

経済学部卒。新卒で入社し、1ヵ月間レジデンス営業部で賃貸物件の営業を担当し、ビル営業部に配属。入社1年目から常務執行役員が直属の上司に。厳しくも優しい指導の下、オフィスビルのテナント誘致を担う。昨年からBiSHにハマっている。

学内説明会でたまたま立ち寄ったのがRBM

就職活動の際、不動産、特に「建物」に強い関心があったので、業界は不動産、建設に絞っていました。RBMはたまたま立ち寄った説明会でその存在を初めて知りましたが、少人数の組織ながら用地仕入から設計、営業、管理まで、不動産のライフサイクル全てにかかわっているとの説明に興味をもち応募しました。 大手では分社化されているような設計や管理、技術部門なども自社にあるため、少し手を伸ばせば不動産のあらゆる面を勉強できると説明会で聞いていましたが、実際に入社してみると言われた通り。仕事をしていて疑問があれば誰にでも相談がしやすいですし、若手が多いため社内活動での交流も活発で、風通しが良いですね。

藤木麻人

ビル営業の面白味を知った、入社後初めてのプロジェクト

現在は、ビル営業部で主に自社物件のリーシング及び既存テナント様との契約交渉を行っています。前者は事務所をお探しのお客様に自社物件の良さをいかに伝えご入居頂くか、後者はテナント様との関係をより良いものにしつつ、いかに賃料を上げてもらえるか、について考えています。この部署で初めて担当したのが、自社物件で最も規模の大きいMS芝浦ビルのテナント募集でした。今思えばイレギュラーが多い案件でしたが、当時はわからないことだらけで、上司だけでなく他部署にも教えを請いながらなんとか進めていった思い出があります。問題点をお客様と一つずつクリアしていき、読みなれない契約書と格闘しながら、無事契約を終え、敷金をご入金頂いた時には安堵とともに、数千万円という扱う金額の大きさに改めて気の引き締まる思いでした。その後の入居工事でも、オフィスが出来上がっていく光景を初めて見て感動したのを覚えています。よりビルへの思いを強めるきっかけとなりましたし、ビル営業部としてのスタートラインに改めて立ったと思える経験でした。

<空>

「藤木に言えば大丈夫」そんな営業マンを目指して

今の目標は、ビル営業部の一員としてテナント様に頼られるような存在になることです。最近の市況はオフィスビル賃貸業にとって追い風となっていますが、そんな時だからこそテナント様の満足度を高めるため、なるべく多くのテナント様とお会いし、様々なお困りごと、ご要望をお聞きするよう心がけていますね。すべてに応えることは難しいですが、自身の経験の浅さを逆に武器として、柔軟な発想でテナント様のお役に立てればと思いながら日々勉強しています。
今はまだオフィスビルを取り巻くハード、ソフト両面の知識が十分でないかもしれませんが、これを「藤木に言えば大丈夫」という反応に変えていきたいと思っています。 また、RBMには多様な部署があるので、異なる部署で、別の視点から不動産業界を見つめてみたいとも思っています。

藤木麻人

MY CARRIER <空>

2017レジデンス営業部
新卒で入社後、レジデンス営業部へ配属。1ヵ月間、賃貸レジデンスの営業を担当
次へ
2017ビル営業部
自社で所有しているビルのリーシングを担当

ONE DAY SCHEDULE <空>

9:00
出社、部内の予定共有、メールチェック
9:30
テナントへの提案資料の作成
11:00
テナント訪問
12:00
昼休み
15:00
仲介業者様との定例会
17:00
会社に戻り事務作業
19:00
退社

MY HOLIDAY

休日はラーメン店巡りをしています。時間があれば他県に行くことも。1日3杯食べることもあるので、最近ではラーメン屋まで多少遠くても歩いたり、ランニングをしたりと健康にも気を遣うようにしています。

休日の様子