INTERVIEW

澁木智也

マンションの庭整備で
居住者のコミュニケーションが
活発に。
人の生活を支える仕事に
喜びを感じます

澁木智也
2008年入社
レジデンス管理部
課長

PROFILE

2016年より分譲マンションの管理を担うレジデンス管理部に所属。賃貸レジデンスの営業やオフィスビルの管理等、幅広いフィールドを経験したが、その経験で得た多角的な視点が、管理組合や関連業者から好評を得る。プライベートでは2018年に女児が誕生し、その溺愛ぶりは社内で有名。

安定性と幅広い事業内容に惹かれて入社

就職活動中は、人の衣食住に関わる仕事に就きたいと思い、不動産業界を志望しました。その中でもRBMは、自社ビルや自社レジデンスを所有していて家賃による収益があるという安定性と、「不動産の総合プランナー」だからこそ、不動産に関わるいろいろな仕事ができるという点に魅力を感じて入社しました。大きな会社で働くより、早い段階で責任ある仕事を任せてもらえるのではという期待もありましたね。実際、入社2年目で新築レジデンスのプロジェクトリーダーを経験したことで大きく成長できました。現在はレジデンス管理部で、当社が管理する約130棟の分譲マンションのうち10棟の管理組合の運営と、共用部の管理業務を担当しています。要望への対応や日々のメンテナンス、また、改修工事やインターネットなどの新たな設備導入工事も提案、実施します。居住者の皆さんがより快適に暮らす環境を整えて、マンションの価値を高めることが、レジデンス管理部の仕事です。

澁木智也

庭の修繕によってコミュニティの活性化に貢献

仕事をする中で一番喜びを感じるのは、管理組合の方や居住者の方に「ありがとう」と言われることですね。生活をする場所だからこそ、大きな工事が完了したときはもちろん、ちょっとした改修や手入れにも喜んでいただけることが多く、やりがいを感じます。
先日、マンションの庭を整えたいという要望を受けて、管理組合の皆さんと一緒に植栽屋さん探しからスタートして、庭をきれいに整備しました。それまでは、庭の植物の入れ替えや手入れは業者さんにお願いしていたんですが、素敵な庭ができたことで、マンションの有志の皆さんがご自分で手入れをされるようになったんです。居住者同士のコミュニケーションの機会が増えたというお話を聞いたときには、 本当にやってよかったなと思いました。コミュニティの活性化に貢献できることも、分譲マンションの管理ならではのやりがいですね。

<空>

衣食住のベースに関わりたいという希望が叶った

管理組合の方や居住者さんの要望をこまめにお聞きするために、日常的に担当マンションを訪問しています。居住者さんには、「よく来てくれるね」と言っていただいたり、お菓子や本など、いろいろなものをいただけたりもします(笑)。僕に子どもが産まれたことを知って、「おめでとう」と声かけてくださる方もいらっしゃいました。
分譲マンションの管理は、賃貸よりもさらに居住者さんの生活に深く関われる仕事だという実感があります。就職したときに希望していた、衣食住のベースを支える仕事を今できていることが嬉しいですね。ありがたいことに、当社が管理するマンションの隣のマンションの管理組合から、「管理会社を変えたい」と声をかけていただけることもあります。今後は、管理するマンションの棟数をより増やしながら、マンションの価値をさらに上げるための仕事をしていきたいですね。

澁木智也

MY CARRIER <空>

2008レジデンス営業部
新卒で入社後、賃貸レジデンスの管理を行う部署に配属。
次へ
2009ビル営業部
オフィスビルの営業を行う部署に配属。
次へ
2009レジデンス営業部
新築レジデンス「駒込レジデンス壱番館」のプロジェクトリーダーを担当。その後、新築プロジェクトに携わりながら新入社員の教育も担う。
次へ
2016レジデンス管理部
秀和レジデンスをメインとした自社所有の分譲マンションの管理業務を担当。

ONE DAY SCHEDULE <空>

9:30
出社。メールチェックなど、社内業務。
12:00
昼食。
13:00
担当するマンションを巡回。マンションに常駐する管理員から管理上の問題や要望をヒアリング。毎月行われるマンションの理事会へも参加。
17:00
帰社。管理組合への提案資料の作成、管理費関連業務、その他事務処理。
19:00
仕事を終えて帰宅。

MY HOLIDAY

休日は家族と過ごしています。社内結婚した妻は育休中で、娘は1歳7ヵ月になりました。休みの日は、娘と公園に行ったりしてよく遊んでいますね。先日はジブリ美術館に出かけましたが、娘にはちょっと早かったみたいです。トトロを見て怖くて泣いてました(笑)。

休日の様子